クリニックで下半身コンプレックスを治す|みなぎる漢のあふれる自信

男性

手術法ごとの特色

看護師

包茎手術には種類があり、それぞれ方法ごとに利点が存在します。最もポピュラーな手術方法として、環状切開術と呼ばれる方法があります。環状切開術とは、名前の通り亀頭周辺の余った包皮を輪状に切り取るやり方です。余った皮を切除する方法であるため、高い改善効果があるとして昔から行われている方法なのです。しかしながら、この方法は手術後の状態が不自然な見た目となる場合があり、現在では好んで受ける人は少ないものです。見た目がツートンカラーとなり、手術をしたことが分かってしまうとした声もあるので、よほど重度の包茎でなければこの環状切開術は行われないのです。この環状切開術に代わって行われるようになったのが、亀頭直下埋没法です。環状切開術のように余った包皮を切除したあと、亀頭の根本で縫合を行なうことで見た目を自然な状態にしてくれるのです。この亀頭直下埋没法は包茎手術の中でも費用が高く、技術も要求されるので、どのような包茎手術でも行なえる腕の良いクリニックを選び出す必要があります。安くどのようなクリニックでも行なえる環状切開術か、仕上がりが非常に自然な亀頭直下埋没法か、良く考えて最適な手術法を選びましょう。

余った包皮を切除することが一般的な包茎手術ですが、クリニックの中には切らずに施術を行なえる方法もあります。糸で包皮を縫い付け、亀頭を常に露出させるナチュラルピーリング法と呼ばれるこの方法ならば、体の負担も少ないことから多くの人が利用できるでしょう。ナチュラルピーリング法では、亀頭の根本の包皮を縫合糸によって縫い止め、亀頭を露出させます。使われる糸は一般的な外科手術にも用いられるものであり、体に悪影響を与えることはありません。しかしながらこの方法は糸で縫い止めるだけであるため、切開を行なう場合に比べ永続的な効果は得られないのでは、と考える人もいるでしょう。このナチュラルピーリング法は包皮を剥けさせることでクセを付けることが目的なので、抜糸を行なった後も亀頭は露出し続けられます。軽度の包茎の場合にこの包茎手術が適用されるので、担当医と相談し利用できるかどうかを聞いてみましょう。