クリニックで下半身コンプレックスを治す|みなぎる漢のあふれる自信

男性

気になる麻酔の問題

医者

包茎手術を受ける際に、多くの人が不安を感じる事柄といえば、痛みによる負担でしょう。包茎手術を行なう場合、たいていは亀頭を覆う包皮を切除する施術となります。包茎の症状は、この包皮の長さが余ってしまうことが原因となっています。そのため、余った皮を取り除けば、常に亀頭が露出される清潔な状態となるのです。しかし、男性の陰茎周辺にはたくさんの神経や血管が集中しているので、外科療法による手術を受けるとなると、激痛や大量の出血を伴うことは想像に難くないでしょう。痛みによる負担を恐れ、つい二の足を踏んでしまう人も大勢いるのです。こうしたことを受け、包茎手術を行なうクリニックでは、入念な麻酔処置を行ないます。ほとんど痛みを感じずに治療を受けることができるので、誰でも負担なく治療が受けられます。また、電気メスや素早い縫合処置を行なうことで、手術中も大量の血を失うこともなく、治療を終えることができるのです。

多くの包茎手術クリニックでは、部分麻酔によって手術を行ないます。全身麻酔に比べ部分麻酔は体への負担も少ないので、手術を終えた後も日帰りで帰宅することができるのです。しかし、部分麻酔といえば注射を使用して行なうものであるため、注射自体が強い痛みを受けるものとなるのでは、という危惧を抱く人も多いでしょう。包茎手術を行なうクリニックの中には、注射による痛みも極力抑えた方法を取るクリニックもあります。注射による麻酔の前に、皮膚吸収できる麻酔剤を塗ることで注射の痛みを抑制することができるのです。ほかにも、極細の注射針を使用する無痛注射による麻酔を行なう場合もあるので、利用することで手術を終えるまで痛みを感じることなく治療を終えることができるでしょう。