クリニックで下半身コンプレックスを治す|みなぎる漢のあふれる自信

男性

気になる麻酔の問題

医者

包茎手術を行なうとなると、多くの人は手術による痛みを危惧するものです。包茎手術を行なうクリニックでは、痛みを感じさせないように入念な麻酔を行なってくれます。皮膚から吸収させる麻酔や無痛注射による方法により、痛みもなく治療ができるのです。

詳細を確認する

手術法ごとの特色

看護師

包茎手術の方法は種類があるので、それぞれの利点を調べた上で最適な方法を選ぶ必要があります。環状切開術であれば費用も安く、改善効果も確実です。亀頭直下埋没法ならば、見た目が自然なので多くの人に利用されます。切らずに効果が得られるナチュラルピーリング法も人気です。

詳細を確認する

一皮剥けた自分になる

薬

男性にとって下半身はシンボルともいえる箇所なので、下半身に何かしらのコンプレックスを抱いているとそれだけで自分に自信を持てなくなってしまいます。下半身にコンプレックスを抱いている男性は、上野にあるクリニックで改善すると適切です。上野には、さまざまなクリニックがありますが、中には包茎施術が行なえるクリニックもあります。そこでは、包茎に関するあらゆる相談をすることができるため、だれでも自分の下半身に自信を持つことができます。包茎には主に3種類あるので、自分のタイプをきちんと把握し、それらに適した施術方法を施しましょう。ちなみに、包茎のままで居ると亀頭が常に皮を被っている状態にあるので、不衛生などの問題が生じます。性行為に支障をきたす恐れもあるので、いざという時に問題が生じることもあります。きちんと適切な施術を受け、包茎を改善しましょう。

包茎の中で最も多いタイプが「仮性包茎」です。仮性包茎は、普段は亀頭が皮に包まれているが、自由に剥くことができるため、性行為やお風呂の際、不便することがありません。しかし、コンプレックスに抱いている人は施術を受けると適切です。次に多いのが「真性包茎」です。常に皮を被っている状態にあるため、亀頭に垢などがたまりやすいといわれています。また、性行為でも痛みを生じる可能性があるので早急な施術が適切です。真性包茎よりも危険だといわれているのが「カントン包茎」です。カントン包茎とは、自由に剥くことができるが皮の開口部が狭いため、剥くと亀頭がきつく締め付けられ、最悪の場合亀頭が壊死してしまう恐れもある症状です。早急に包茎施術を受け、治療を行ないましょう。

カウンセリングの必要性

ジム

包茎手術を行なうクリニックでは、入念なカウンセリングによって手術方法を選べます。仕上がりが自然な手術方法を選ぶこともできれば、費用の安い手術も選べます。詳しい手術の方法や費用を教えてくれるので、カウンセリングによって医師と入念に話し合いましょう。

詳細を確認する